UPCOMING EXCURSION

GO EXCURSION #2

京都府 井村美術館

『オールド・バカラ』を通じて教科書に載らないパリ万博の話を聞こう

2020.10.10(SAT)15:00-17:00

Ticket:¥2,000〜

京都・下鴨。糺の森に隣接した道に佇む井村美術館。美術商である井村欣裕さんがヨーロッパに渡り自ら蒐集した、「歴史の語り部」となる美術品の数々がここに密やかに展示されています。今回はその中から、1867年パリ万博以降に起こった「ジャポニスム」ブームを色濃く反映した稀少なガラス工芸『オールド・バカラ』にフォーカスを当て、教科書に載ることのなかった歴史の話をレクチャーします。江戸から明治への大転換期に、日本はパリ万博をどう活用したのか?美術と、外交と、商業はどう繋がっていたのか?近代史におけるMICEの原点ともいえる万博の裏側を、現在手に取れる作品たちを前に学ぶことのできる貴重な2時間、ぜひご参加ください。

ゲストスピーカー

井村欣裕(いむらよしひろ)さん

井村美術館 館長。海外から先駆的に古伊万里、鍋島、柿右衛門様式の作品を里帰りさせ、国内において紹介・販売した先代を継ぎ、二代目館長に就任。まだ世の中に知られていなかったオールドバカラ、今右衛門、柿右衛門を研究している。制作された当時は高い評価を受けていた美術品が、長い歴史の中に埋もれ、忘れ去られようとしている現状を打破するべく、優れた文化遺産を正しい知識の基に、再び表舞台に戻し後世に伝えることを使命とし、現在も作品の蒐集・研究、そして出版も行っている。

1956年 京都に生まれる
1979年 京都美商株式会社 入社
1982年 井村美術館 理事 就任
1984年 京都美商株式会社 代表取締役 就任
1986年 朝日新聞社 出版『セラミック ロード“海を渡った古伊万里』同行取材・解説
1988年 井村美術館 鑑定委員長 就任
1993年 西洋美術商協同組合 監事理事 就任
1997年 同組合理事兼任 鑑定委員 就任
1998年 海外のエキスパートを含む鑑定組織 AJA鑑定協会 発足
2019年 井村美術館 館長 就任

リモート土産

井村美術館に所蔵されているオールド・バカラについて知ることのできる、書籍、ポストカード、手ぬぐい等をご自宅までお届けします。また、1900年頃(明治時代)に作られたオールド・バカラのグラスを、今回のプログラムのために井村館長が自らセレクトしました。リキュールや冷酒等を嗜むのに最適な大きさで、実際に触っていただき、生活の中でお使いいただくこともできます。ぜひ館長の生の言葉と併せて、現物を手に、歴史のストーリーをお楽しみください。

視察チケットC(ポストカード付)
¥2,000
視察チケットB(書籍付)
¥3,500
視察チケットA(書籍+銘品録手ぬぐい付)
¥5,000
視察チケットS(書籍+オールド・バカラグラス付)
¥20,000 *先着4名限定
視察チケットSS(書籍+オールド・バカラグラス付)
¥30,000 *先着4名限定

プログラム(予定)

1. 井村美術館について〈15:00-15:30〉
井村美術館の取り組み、井村欣裕館長の半生についてご紹介します。

2.幕末明治の世界情勢の話〈15:30-15:50〉
海外へ行くことが容易でなかった時代に、どのようにして外貨を手にしたのか。美術と、外交、そして商業にはどのような関係があったのか。「古伊万里」「柿右衛門」「鍋島」と呼ばれる日本の美術工芸品の孕んでいる歴史と戦略、そして世界が日本に驚いた「ジャポニスム」旋風について、館長独自のリサーチと、実際にヨーロッパへ渡った時のエピソードと合わせてご紹介します。

3. オールド・バカラとパリ万博の話〈15:50-16:20〉
ゴッホ、ガレ、ルイヴィトンなどが、強く影響を受けた「ジャポニスム」。それは、あのバカラにも影響していた?その歴史を証明する工芸品の数々を実際にご覧いただきながら、パリ万博という場で実際に何が起きていたのか、海外に衝撃を与えた「日本的」なる価値観・美学とはどんなものであったのか、深堀りします。

4. 質疑応答:〈16:30-17:00〉
レクチャーを経て感じた疑問・質問、所蔵品についてのより詳しい解説など、時間の許す限り自由に質問いただき、皆様の視点でさらに歴史を深掘り、井村館長との対話をお楽しみください。

定員

4名〜
※チケットごとに定員が異なります。詳細は予約サイトよりご確認ください。

こんな方に、おすすめです。

  • 万博(EXPO2025)に関わっている方。
  • 伝統文化財の保全・継承に関わっている方。
  • 幕末明治の歴史・文化に興味のある方。
  • ジャポニスムに興味のある方。
  • バカラ、ガレー等の工芸品に興味のある方。
  • 美術商、キュレーター、展覧会設計等に関わっている方。
  • 社員研修や修学旅行など視察プログラムの開発に携わっている方。

リモート視察する場所

井村美術館
606-0804 京都府京都市左京区下鴨松原町29
http://www.kyotobisho.com/mus/

オンライン・エクスカーションお申込みはこちらから

予約フォーム

参加方法

・予約フォーム(peatixのリンクへ飛びます)よりご予約ください。
・事前に無料アプリ『Zoom』のダウンロードをお願いいたします。
・お申込時に入力いただいたメールアドレス宛にZoomのRoom IDとPassをお送りいたします。

リモート土産の受取り方

【視察チケットA・B・Cの方】
Peatixからのお申込みで配送予約が完了しております。
商品がポストに到着するのをお待ちください。

【視察チケットS・SSの方】
Peatixからのお申し込みと別途、以下のフローが必要となります。
1.予約の際に登録いただいたメールアドレスに、予約完了メールが届きます。
2.予約完了メールに全返信してください。(配送手続のために必要となります)
3.イベント期日までに商品をお受取りください。

※商品は京都美商より発送いたします。
※配送日はPeatix予約フォームの選択肢の中から希望日時をご指定ください。
※ご不在の場合は再配達の手配をお客様自身でお願いいたします。
※「@mice-navi.jp」および「@peatix.com」からのメールが受信出来るよう設定をお願いいたします。
※「コンビニ払い」を選択の方は、10月4日(日)中にお支払を完了いただけない場合、発送手配の都合上、商品の到着が遅延する場合がございます。予めご了承ください。

注意事項

※本プログラムは日本国内居住者が対象です。
※プログラム内のコミュニケーションは日本語となります。
※リモート土産の海外発送は恐れ入りますが賜っておりません。
※コロナ禍の影響で配送遅延の可能性がございます。
※沖縄、北海道、離島、その他一部の地域への発送については到着日時のご希望に沿えない場合がございます。
※プログラムの一連をZoomにてレコーディングさせていただきます。
※後日、本プログラムをWEB上で記事化させていただくことがあります。
※回線の関係上、通信が不安定になる場合がございます。
※その他、生配信による予期せぬトラブル、プログラム内容の変更、止むを得ぬ諸事でのイベント中断・中止等が生じる可能性がございます。予めご了承ください。

キャンセルについて

リモート土産手配の関係上、購入後のキャンセルは応じかねますので予めご承知ください。

主催

JAPAN MICE NAVI

運営

合同会社ライフスタイル・エンジニアリング

協力

京都美商株式会社 / 井村美術館

オンライン・エクスカーションお申込みはこちらから

予約フォーム

内容について・その他お問い合わせはこちらから

コンタクトフォーム